私の仕事【靴を作ること】

題名のように、靴を作っています。

今日は私の仕事について。

 

靴を作るといっても、

私の場合、毎日靴を作っているわけではありません。

私の仕事は『木型にデザインをのせ、パターンを作成。量産の準備・段取りをし、

製品にする。』ことです。

レディースの靴ブランド【AROA】も

スニーカーブランドの【blueover】も

毎年たくさんの新作を出すのではなく、新作モデルも定番にしていきたいという意志で

開発をしています。

新作モデルや別注モデルを作るのに、結構な時間をかけています。

デザインをもとにパターンを作成した後、手作業で裁断・縫製・釣り込み・底付けをして

試着できるサンプルシューズを作ります。

試し履きと修正を重ね、最終サンプルが出来たら

工場さんと話し合いながら、パターンの微調整と量産用の材料手配をしています。

靴製造はたくさんの工程があり、分業制です。

裁断に必要な抜型、木型、副資材、中敷き、中底、ソール(本底)、紐、箱それぞれに会社があります。

そして各工程に職人さんがいます。

裁断→縫製→釣り込み・底付

たとえば釣り込み・底付のひとつの工程でも、何件かお願いしている工場があります。スニーカーが得意な工場、ドレスシューズが得意な工場、バイクのブーツが得意な工場、レディースパンプスが得意な工場。

得意な分野を確認しながら、どこの工場で量産をお願いするか決めています。

日本各地にある靴団地の工場や材料屋さんをまとめていき、靴が出来上がっています。

 

靴の仕事をさせていただくことで沢山の工場さんと出会い、一緒に靴を作っています。
AROAもblueoverも、その繋がりのおかげで出来ています。

自分が関わった靴が沢山の人の手で繋がれ、靴になり、お客様の手に渡る。いろんなこともあるけど、やっぱり好きな仕事。

AROA

https://aroa-shoes.com/

blueover

https://blueover.jp/

 

zucco